銘柄ランキングの種類

国内の上場企業は約3800社あり、株の銘柄を選ぶのは初心者にとって難しく感じることでしょう。あまりにも数が多いと、どこがいいのかわからなくなってしまいます。
そんなときに役立つものが、銘柄ランキングです。銘柄ランキングを使うことで、今どんな銘柄が人気なのか、注目されているのかなどがわかります。
銘柄ランキングには、いくつかの種類があります。ここでは、その種類と特徴を紹介します。

●値上がり率・値下がり率ランキング
値上がり率ランキング、値下がり率ランキングは、どの銘柄が今動いているのか知るために役立つランキングです。
株を購入したときよりも値上がりしたときに売れば利益がでます。たとえば10万円で株を購入して、値上がりしてきて13万円で売ることができれば、3万円の利益を手にすることになります。
反対に購入したときよりも値下がりしたきに売ってしまうと損をします。
利益を出すためには、銘柄の動きを把握して、買い時と売り時を見極めることが大切です。
値上がり率ランキングや値下がり率ランキングを使うと、株の動きを把握できます。

●出来高増加・減少率ランキング
出来高とは、ある期間中に成立した売買の数量のことです。
出来高増加・減少率が高い株式とは、売買の数量が多い株式のことです。つまり、取引が活発な銘柄を判断できるのです。
出来高増加率が高いからといって、これから成長する銘柄とは限りません。たとえば、不祥事があると株価が大きく下がって株の取引数に影響がでて、出来高率が増加します。逆によいニュースがあったときにも出来高率が増加をします。
悪いニュースでもよいニュースでも出来高率に影響を与えるので、世の中のことや企業のことをよく把握して、何が出来高率に影響を与えているのか判断しましょう。

●ストップ高、ストップ安ランキング
ストップ高・ストップ高とは、株価が暴落また暴騰を防ぐために、1日に変動できる上限や下限を定めたものです。
前日の終値によって制限される上下の幅に決まりがあります。ストップ安が制限されているため、1日で株が紙切れになることはありません。

銘柄ランキングはひつとの指標です。ランキングから情報を得ることができ、初心者にとっては膨大な数からの銘柄選びの参考になりますが、ニュースや企業の情報なども参考にしながら銘柄を選んでみてください。また、ランキングは常に変動をするので、こまめに確認することも大切です。各証券会社などでランキングを確認できます。